名古屋・尾張地区から全国へ 配送トラックをすぐにマッチング!!
052-414-6535
お問合わせ

ブログ

『新入社員の恋のお話』

2018/10/22

それはある日のこと。

けんたろうは仕事が終わり、事務所で一息ついていました。

すると、「お疲れ様で〜す!」と一人の新入社員の男の子が帰ってきました。

その子のことを仮にKくんとしておきましょうか。

 

事務所にいた、僕と営業課長の小嶋さんが「お疲れ様!」と応えます。

「あっ、そうそう!けんたろうくんにKくんが、なんか相談があるみたいだよ(笑)」と、

小嶋さんがニコっと笑いながら言いました。僕は「何だろう?」と思い、彼に尋ねると、

Kくんは、『リフト研修へ行ったときにをしてしまった』と言うのです。

あら!そっち系のお話か!
なんて甘酸っぱい!そんな相談は大歓迎です!

 

概要はこうです。

Kくんは、リフトの免許を取りに講習へいき、そこで、仲良しグループが出来たとのこと。で、そのグループ内の一人の女の子のことを好きになってしまったんだと。

おぉ〜、なるほど、なるほど、良いですね!

で、講習の最終日に、思い切って「LINEのIDを交換してください!」と言ったそうです。

そして、見事、彼女のLINEのIDをゲットしたKくんは、それはもう天にも登る気持ちだったそうで。

なかなかやりますね、Kくん!

 

「スゴいやん!じゃあ、今LINEしてるんや??」と尋ねると、Kくんは苦笑いをしながら、

「今はちょっと…」と、浮かない顔をします。

なるほど、相談があるってことは、なにか問題があったということですもんね。

いいでしょう。僕みたいなネガティブ陰キャラ人見知りでよければ、

いくらでも話を聞きましょう。

そして、話を聞いてみると、Kくんは一度、彼女を食事に誘ってみたそうです。

で、まぁ、よくあることですが、断られてしまったと。

だから、ショックで、そこからLINEをしていないと。

前回LINEしたのが、半月くらい前で、

もうそれからなんて送ったらいいのかわからなくなってしまったと彼は言いました。

 

わぁ〜!甘酸っぱい!!
僕の足の臭いは酸っぱいだけですが、
彼の話は甘酸っぱい!!

だから、『この後、どうしたらいいのか?』というのが彼の相談でした。

わかりますよ〜。スゴく気持ちはわかります。

小嶋さんもその話を聞いて、大きくうなずいています。

そういう『女子に断られる』という経験は、超絶イケメンならともかく、

普通の健全な一般男子なら誰もが通る道ですもんね。

で、ヤングピュアなKくんは、まだ心がスレていないので、

そんな些細なことでもメンタルが傷ついてしまったということです。

僕や小嶋さんのように、心の傷を何度も何度も修復し、カサブタにカサブタを重ね、

もはやヤスリで削っても反応しないような不感症メンタルにでもならない限りは、

それをまだ「些細なこと」とは思えないでしょうよ。

だから、そんな不感症の我らが、可愛い可愛い敏感な後輩を鍛えてあげようではありませんか!

そして僕は言いました。

「たぶん、その恋愛うまくいかんから大丈夫!レベル1の主人公がいきなりラスボス倒せんやろ?」

続いて小嶋さん、

「そうそう!で、もし万が一うまくいったとしても、絶対続かんから!」

夢も希望もありゃしない!

いきなりピュアな心に、粗塩を擦り込むかのようなアドバイス!

だけど、無責任に優しく甘いだけの言葉をかけてあげるのが本当の愛ではないと思うのです。

本当の愛というのは、厳しくもあり、痛くもあるのです。

「うまくいかんかもしれんけど、チャレンジすることは大事だよ!」

「次、また良い人に出会ったとき、その経験が活きるから!」

と、もう僕たちはいつからか、完全に彼がフラれる前提でアドバイスを進めていましたが、

…だってさ、
フラれるでしょ?

変に夢を見させて、ガッカリさせるよりかは、はじめからダメ前提で挑んだ方が、

うまく行ったときに嬉しいじゃない!

まぁ、うまくいってもその後、続くかどうかはわかんないけど…

ということで、今からLINEを送ってみよう!ということになりました。

 

善は急げ!
結果を出す人はすぐやる人!
行動なき者に未来はなし!
明日やろうはバカやろう!

ウジウジするKくんに、思いつく限りの煽り文句をぶつけ、逃げ道を塞ぎます。

(※パワハラではありません)

そして、八方塞がりになったKくんはLINEを送るしかなくなってしまいました。

そして、皆でLINEの文章を考えました。

少し話し合いをした結果、

「久しぶり(^^)先輩と飲みに行くんだけど、そっちでいい店知らない?」

になりました。

わかりますよ。ちょっと待ってくださいよ。

色々言いたいことはあると思うんですが、このときの僕らの答えはコレだったんです!

その場の空気ってありますよね?

そのときの僕らの空気は、それだったんですから!
その答えが1番しっくりきてたんですから!いいじゃない!

事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!ですよ。

で、なかなか送信ボタンを押せないKくんに、また僕たちでパワハラまがいの煽りをして、

送信ボタンを押してもらい、

今がまさに彼女からの返信待ちの状態というわけでございます。

というところで、今回の話は終わるんですが、

次回、また進展がありましたら、このブログで発表したいと思います。

まぁ、発表がなければ、

…ね?

そういうことですので、そっとしておいていただいて…

はい、では、ありがとうございました!

お知らせ

2018.06.25
ブログをはじめました
2017.11.17
@FM80.7 生放送にて紹介
2017.08.24
@FM80.7にてCM放送スタート
2017.06.22
サービス開始のお知らせ